マインドネスフル瞑想の効果

集中マインドネスフル瞑想は、瞑想の一種であり、行うときは通常の瞑想と同じように、目を閉じて意識を集中させます。そのときに重要となるのが、瞑想の方法と呼吸法です。過酷なストレスに晒されるような人ほど、マインドネスフル瞑想の効果は高く得られます。

数分間だけ行っても、心を静かに保つことができ、心を乱す感情に気づき、それが自然と心の平安に繋がります。ストレスによって歪んだ思考によって、思いこみや安易な判断などをしている自分に気づき、物事をそのままありのままに捉えられます。それにより、感情に左右されず、冷静な判断が可能です。今をありのままに受け入れれば、思いやりなどの心も芽生え、優しい自分になれます。

何よりも瞑想で得られる効果というと、集中力を高めて創造性を身につけることにあります。正しい呼吸法によって、意識を集中し、瞑想でほかへの意識を向けることを訓練することにより、集中力が身につきます。既成概念や思いこみから心を解放し自由になることにより、創造性が発揮できるようになります。つまりは意識をコントロールための方法となっており、やり方は単純でシンプルですが、シンプルなほど最初は難しく感じるかもしれません。最後に行い方について説明します。

Pocket