行い方

ストレッチフィットネスクラブに到着したら、まずは準備をします。服装は特に決まってはいませんが、リラックスできる服装が良く、スーツなどの体の動きを邪魔する服装は止めた方が良いです。ストレッチを行い、筋肉をほぐして、瞑想をする準備をします。次はコンディションを整えます。呼吸を深めていき、姿勢を正します。そして呼吸法を行うこととなり、呼吸のリズムを整えて副交感神経を優位にしていきす。ここまで行うと、マインドネスフル瞑想をする準備が整いました。

ほかの瞑想をするときのように、座禅を組んで目を閉じ、集中していきます。集中して脳を休めて、心も落ち着かせて休めていき、リラックスした状態を作ります。最後に副交感神経が優位になっている状態から、通常のいつも通りの状態に戻し、覚醒とクロージングを行い、これでマインドネスフル瞑想は終了です

フィットネスクラブでは、スタジオで行うマインドネスフル瞑想もありますが、クラブによってはプールで行うマインドネスフル瞑想もあります。こちらは、水の中に入ることによって、より意識を集中しやすくして、呼吸により、心を静めていきます。

水の中は意識呼吸が必要とされている。
水の特性を活かし、呼吸に意識集中させ、
心を静めた状態に近づけることができる
プログラム。

ゆりかごのように、水に包まれて行うので、スタジオで行うよりも、より集中しやすい環境になっています。

Pocket

マインドネスフル瞑想の効果

集中マインドネスフル瞑想は、瞑想の一種であり、行うときは通常の瞑想と同じように、目を閉じて意識を集中させます。そのときに重要となるのが、瞑想の方法と呼吸法です。過酷なストレスに晒されるような人ほど、マインドネスフル瞑想の効果は高く得られます。

数分間だけ行っても、心を静かに保つことができ、心を乱す感情に気づき、それが自然と心の平安に繋がります。ストレスによって歪んだ思考によって、思いこみや安易な判断などをしている自分に気づき、物事をそのままありのままに捉えられます。それにより、感情に左右されず、冷静な判断が可能です。今をありのままに受け入れれば、思いやりなどの心も芽生え、優しい自分になれます。

何よりも瞑想で得られる効果というと、集中力を高めて創造性を身につけることにあります。正しい呼吸法によって、意識を集中し、瞑想でほかへの意識を向けることを訓練することにより、集中力が身につきます。既成概念や思いこみから心を解放し自由になることにより、創造性が発揮できるようになります。つまりは意識をコントロールための方法となっており、やり方は単純でシンプルですが、シンプルなほど最初は難しく感じるかもしれません。最後に行い方について説明します。

Pocket

フィットネスクラブのマインドネスフル瞑想

フィットネスクラブでは、いろいろな運動を行えますが、最近はヨガなどリラクゼーションを目的とした、プログラムも登場しています。そんな中で最近新しく登場したプログラムが、マインドネスフル瞑想です。これは聞き慣れない言葉かもしれませんが、瞑想を行うプログラムになります。最近では、Googleなどの大企業や、テニス選手のノバク・ジョコビッチなど、多くの一流企業や一流選手が取り入れている瞑想でもあります。行うと疲れている脳みそを休ませてリラックスして、集中力を高める方法として有名になってきています。

女性特に最近はストレス社会と言われており、常に不安な環境に置かれがちです。日頃から脳を使って精神的に疲弊することも多く、心身ともに大きな負担をかけます。このような状況はネガティブなスパイラルになり、良くありません。このような中で、瞑想を行うことで、今の自分自身に向き合い、余計な精神的な重りを取り払うのが、マインドネスフル瞑想です。いわば脳みそへの負担を取り払う方法です。

マインドネスフル瞑想は、自分一人でも家の中で行うことができますが、効果を得るには正しいやり方で行うのが良いです。そこで近くのこのプログラムを取り入れているフィットネスジムに行き、マインドネスフル瞑想を行うのです。瞑想をするプログラムとなるので、初めて行うような方でもだれでもできる事であり、難しい知識や技術は必要ありません。行うことによって、意識をコントロールできるようになります。

Pocket